ますますにぎやか ますます市 顔出しパネル、飲食模擬店でにぎわう  あきる野市

ますます市小 あきる野市増戸地区の事業所が親睦を兼ねて実施する「増戸ますます市」。イベントを締めくくる大抽選会が19日、同市伊奈のJAあきがわ増戸支店駐車場で行われた。
主催は増戸商栄会(秋本忠会長)。17回目を迎え、増戸地区の初夏のイベントとして定着した。令和最初の今回は、撮影用に商店の顔出しパネルを設置するなど、新たな企画を設けて盛り上げた。
イベントの目玉は、参加事業所で使える商品引換券をはじめ各事業所提供の景品が当たる抽選会。期間内に買い物をして抽選券を集めた人が参加できる。「よく当たる」との定評があり、午前中をピークに抽選所には長蛇の列ができた。
薪釜屋YOSHIZO(ヨシゾー)、麺処薫など地元飲食店や、西武信用金庫、青梅信用金庫、JAあきがわなど地域の金融機関による模擬店でにぎわった。増戸中学校吹奏楽部の演奏、顔出しパネルの撮影スポットも好評だった。
秋本会長(74)は「地域の人が楽しみに待っていてくれるイベントになってきた。事業所が協力して取り組むことで地域のまとまりにもつながっている」と手ごたえを感じていた。(伊藤)