「夏のプラス1キャンペーン」 西多摩の新しい魅力に触れて 「朝カヤック」 、秋川をタイヤチューブで下る「渓流どんぶらこ」など

04
清々しい朝カヤック

東京山間地域の観光プロジェクト「東京マウンテン」が「夏のプラス1キャンペーン」を展開している。プロジェクトに参加する観光事業所が共同開催しているもので、特別な観光メニューを用意した。10月31日まで。
あきる野市深沢の南沢あじさい山と同市上代継の東京サマーランドのあじさい園が合同で行う初開催の「秋川渓谷あじさいまつり」を皮切りに、とっておきの観光が楽しめる次のイベントを用意した。
夏の早朝しか味わえない朝もやにかすむ奥多摩の湖畔で楽しむ「朝カヤック」 、秋川渓谷をタイヤチューブで下る「渓流どんぶらこ」 、御岳渓谷で開催する子どもたち限定のアクティビティイベント「キッズチャレンジ」のほか、青梅七福神めぐりでは寺社限定で「藍染め生地」「青梅夜具地」2種類の御朱印帖を販売する。
このほかイベント多数が予定されており、同キャンペーンを企画し、事務局を務めるグッドライフ多摩(立川市)は「「キャンペーンホームページをお見逃しなく」と話している。アクセスは、https://imatama.jp/contents/plusone/ (岡村)

 

御岳山の自然、文化を体感
1泊2日専門家のガイド付き
1560932703_photo御岳山の自然や歴史文化、御岳渓谷のリバーアクティビティーを満喫する「薪神楽とラフティング」が来月13日と14日にそれぞれ1泊2日で開催される。川と森の案内人・宮田浩さんが付き添う。ism(千代田区)が主催する。
初日は御岳山の宿坊へ到着後、宮田さんのガイドで御岳集落をゆっくり散策。山に生息するムササビや、ユリの女王ヤマユリ=写真=などを観賞。自然の不思議や一般には知られていない隠れた御岳山の面白さを楽しむ。夜は宿坊で御師料理を味わった後、薪神楽を鑑賞し、山の歴史と文化に触れる。
2日目は山を下り、御岳渓谷へ。白波が立つ流れの間をボートで豪快に下るラフティングを体験する。川を知り尽くしたガイドと一緒に川を下る。
JR御嶽駅に午前11時集合。翌日午後2時ごろに同駅で解散予定。参加費は1人3万1800円。定員は各日15人。申し込みは https://www.japanism.line/190713?lang=ja