精緻で色鮮やかなペン画 戸倉しろやまテラスで展示 あきる野市 の原田さん

原田さん絵よこ あきる野市戸倉の原田真由美さん(39)のペン画が、今月末まで戸倉しろやまテラスに展示されている。絵は女性や植物をモチーフにし、細かい模様、クジャクの羽のような鮮やかな色使いで独特の世界観を創り出している。
作品の多くは10代~20代の頃、持て余した気持ちをぶつけるように描いたもの。その後、編み物や庭仕事など絵とは違う分野で気持ちを発散することを覚えた原田さん。10年以上ペンを置いていたが、最近になって回覧板を届けに来た田中節子さんが無造作に保管してあった絵を見つけ、近所に知られることとなった。
絵を見て興奮したのが押し花作家の立川郁子さん。「こんなに素晴らしい絵があるなんて!見てもらわなきゃもったいない」と芸術心に火がついた。周囲も驚く行動力で原田さんの母校でもあるしろやまテラス(旧戸倉小学校)に展示会場を決め、額の手配や題名付けなどの準備も一手に引き受けた。
かつて友人に絵を見せ「怖い」などと言われた経験から、好んで絵を披露することはしてこなかった。思いがけず展示の機会を得て「素直にうれしい」。これを機に、再びペンを握るようにもなった。
(伊藤)