瑞穂町けやき館 夏休みの子ども向け企画始まる 5日~21日に工作教室

西の風ロゴ1 瑞穂町郷土資料館けやき館(同町駒形富士山)で、夏休みの子ども向けの企画が始まった。
21日までの午前10時~午後3時は、2階展示ギャラリーをキッズスペースとして開放。知育玩具や絵本などを配し、自由に遊べるスペースとしている。
5日~21日の期間中の月~水曜は午後2時~3時、「夏のわくわく工作教室」を開催する。工作内容は、カラフルな砂を使ってイルカやハイビスカスの絵を描く「砂絵」、貝やタイルを使って作る「写真たて」、透明なうちわにステンドシールを使って柄を作る「オリジナルうちわ」。21日のみ牛乳パックを再利用した「ハガキづくり」もある。料金は各300円。申し込み不要(材料がなくなり次第終了)。
今月は19日休館。入館無料。問い合わせは042(568)0634まで。 (佐々木)