手ぬぐいスタンプラリー初開催 31日、五日市ヨルイチで

ヨルイチ手ぬぐい.jpg 五日市に夏の終わりを告げるイベント「ヨルイチ」が31日にある。かつて市で栄えたまち、あきる野市五日市の檜原街道沿いの商店が独自の取り組みを展開。ヨルイチならではの催しが目白押しだ。今年は手ぬぐいスタンプラリーを初開催する。
手ぬぐいスタンプラリーは、会場内の5店舗(do-mo kitchen CANVAS、井上薬局、てぬぐいきれ屋、陶器のむらやま、五日市ほうとう佐五兵衛)のいずれかでヨルイチオリジナル手ぬぐい(500円)を購入し、「月」の部分にうさぎのスタンプを押して完成させる。講入店舗で、市内観光施設の招待券や当日商店街で使える金券が当たるくじ引きに参加できる。
スタンプラリーの発案者でイベント実行委員長でもある高水健さん(29)は「今年17回を数える五日市のシンボルイベント、ヨルイチで手ぬぐいスタンプラリーの新企画を行います。夏の終わりにヨルイチで思い出を作っていただけたらうれしい」と話している。
開催時間は午後4時~10時。雨天決行、荒天中止。問い合わせは080(5055)1926同実行委員会まで。(伊藤)