1日限りの工場見学 多種多様な30社が一斉に 23日、おうめオープンファクトリー 青梅商工会議所

おうめオープンファクトリー
参加工場の目印となるのぼり

青梅商工会議所は23日、1日限定の工場見学イベント「おうめオープンファクトリー」を実施する。青梅市内30社が工場を一斉公開し、一般の人に工場見学やものづくり体験をしてもらおうというもので、多摩地区では初の試み。見学などの予約は11日から受け付ける。
オープンファクトリーとは、製造業者がモノづくりの現場を公開し、一般の人に見学・体験してもらう取り組みで、大田区や墨田区、台東区、栃木県鹿沼市、新潟県の燕三条などで実施されている。青梅市では江戸時代から繊維織物工業が地域産業として発展。昭和40年代に三ツ原工業団地が造成され、市内には伝統の技から最先端の設備までさまざまな特徴を有する工場がある。
初開催となる今回は、電子部品の製造工場から家具などを作る木工所、パン店、自動車店などの多種多様な工場が30社参加。各社ごとに製造現場の公開や商品の製造体験を実施するなど趣向を凝らしている。同会議所では「青梅のものづくりの魅力を存分に知ることができるイベントですので、ぜひご参加ください」と呼びかけている。
参加工場の詳細情報は青梅商工会議所のホームページで閲覧できる。予約が必要な工場もある(見学等希望者は工場へ申し込む)。市内外問わず参加可能。問い合わせは0428(23)0111まで。
(佐々木)