秋川駅周辺でウインターフェスタ 大きなツリーが点灯

子どもたちがスイッチを押しツリーが点灯した
子どもたちがスイッチを押しツリーが点灯した

秋川駅前の冬のシンボル、ツリーを中心としたイルミネーションの点灯式が7日、設置場所の秋留野広場であった。会場のカウントダウンに合わせ、抽選で選ばれた子どもたちがスイッチを押すと、大きなツリーに青白い光が灯った。
駅前イルミネーションは秋川駅周辺地区産業活性化戦略委員会(黒山一成会長)が駅周辺の活性化を目的に取り組むウインターフェスタの一環で今年12年目。秋川駅の冬の風物詩として定着した。
今年は市内のすもも木幼稚園の園児らがステージで踊りや歌を披露しイベントを盛り上げた。
ウインターフェスタは22日まで。南口商店会は買い物額に応じてスピードくじに参加できる補助券を配る。北口商店会では激辛フェスを30日まで実施。明星大学の学生の協力で16日~22日、あきる野ルピアでプラネタリウム付きのカフェも開催する。
ツリーの点灯は来月13日まで。点灯時間は午後4時半~午前零時45分。(伊藤)