青梅 お菓子工房 ルミエール 青梅の魅力、素材をチョコレートに込める

無題 お菓子工房ルミエール(野﨑和美店主、青梅市勝沼)は、青梅の食材と魅力を丁寧に組み合わせたチョコレートを作っている。小澤酒造(同市沢井)の特選酒「澤乃井大吟醸」をぜいたくに使った酒粕チョコレート、カネク(同市日向和田)のわさびを使ったピリリとした味のチョコレートなど、独創的なお菓子が評判を呼んでいる。
野﨑店主(55)は青梅出身。都心でイタリアン、フレンチなど食に関わる仕事を経て、結婚を機に30代で再び青梅に。「戻って改めて青梅の魅力を知りました。美しい自然、そこに育まれた様々な食の豊かさ」。
青梅に戻ってから勤めていた小澤酒造で、野﨑店主は酒粕を使ったチョコレートを作ってはスタッフに振る舞っていた。それが評価され、2016年「澤乃井ショコラ」として発売されることに。青梅オリジナルのチョコレート作りがここから始まり、現在工房を持つに至った。
わさび、柚子、さつま芋、味噌、梅肉など、地元の素材を取り入れチョコレートの世界を広げる野﨑店主。「作るほどに追求したくなる。チョコレートの不思議な魅力です」と話す。
「ショコラ青梅散歩路」(9粒入り3240円)、「アソート多摩川」(8粒入り2592円)が特におすすめ。工房は製造のみ。販売は要予約でパティスリーテロワール=青梅市今寺、0428(34)9525、ほか御岳登山鉄道滝本駅売店(わさびチョコレート他)、小澤酒造澤乃井園(澤乃井ショコラのみ)など。詳細はホームページで検索。(澤村)