福生市「TABASA」 ハロウィーンを楽しむグッズ アメリカの商品もずらり

ハロウィーンの手作りマスク

国道16号沿い、牛浜駅から徒歩9分の場所にある赤い看板が目印の小さな雑貨店「TABASA」(福生市福生)で、31日のハロウィーンを盛り上げる雑貨の販売が始まった。プレゼントに喜ばれそうなおばけが浮き出るランプ、カボチャやコウモリがついたタオルやペーパーナプキンなど。「コロナ禍で家でハロウィーンを楽しむ人が多く、自宅用の商品が売れています」とな納谷玲子店主は話す。

「ここだけしかない商品も多いですよ」と納谷さん

32年前に開店し、好きな商品、他店にはない珍しい商品をコンセプトに扱う。仕入れは海外での買い付けと個人輸入が中心。海外の布を日本で縫製する品も多く、今年のハロウィーン関連商品も1年前から発注して準備を進めてきた。

アクセサリー、布バッグなどの作家の手作り品も並べている。「ここにしかない、かわいらしい作品を楽しんでもらいたい」と納谷さんは言う。

今年はアメリカの布で作った手作りマスクを販売し、着け心地がいいと好評。ハロウィーンマスクも人気だ。

店内のディスプレイは、アメリカのイベントに沿って変えている。ハロウィーンの後、店内はクリスマス一色となる。「コロナ禍ですが、長年築いたネットワークで多方面から仕入れています。ネットで何でも買える時代ですが、店に足を運び五感を使って商品を選ぶことも必要。この仕事をずっと続けていきたい」と納谷さんは話す。

営業時間は10時〜19時。水曜・木曜定休(祝日除く)。問い合わせは042(553)1634まで。(山石)