河辺駅北口にバナナジュース専門店 35種類の味を提供

店長一押しの「豆乳ゴマきなこ」(レギュラーサイズ)

バナナジュース専門店「WITH BANANA(ウィズバナナ)」(粕谷美由紀店主)が8月23日、青梅市の河辺駅北口自転車等駐車場前にオープンした。完熟バナナとベースになる飲み物、トッピングを組み合わせ、35種類の味を提供する。

ベースの飲み物は豆乳、牛乳、ヨーグルトの3種から選ぶ。ストレートで飲むのもよし。チョコレート、ずんだ、ゴマきなこなど11種のトッピングから好みの味を追加することもできる。組み合わせメニューにすることで「選ぶ楽しさ、わくわく感も一緒に提供したい」と粕谷店長。

トッピングの素材によってわずかにはちみつを加えるメニューもあるが、原則砂糖は入れずに作る。バナナ本来の甘さが際立つ自然な味わいで、さっぱりした飲み口が特徴。「これならバケツで飲める」と絶賛する客もいるという。

ワインバーを日中だけ借りて営む

同店は河辺駅南口の居酒屋「凜空」の原慶介オーナーがコロナ対策に始めた店。コロナ禍で居酒屋の時短営業を強いられ雇用を維持するのが難しい状況下で、「従業員が昼間に働ける場を」と開業した。ワインバー「ブールバール」を日中だけ借りて営業する。

従業員のうち飲食店での勤務経験が豊富で地域に広い交友関係を持つ粕谷さんを店長に抜擢。店作りを任せた。粕谷さんは「駅前の立地を生かし、電車の待ち時間や買い物帰りに気軽に立ち寄ってもらえる店にしたい。飲んだ人が幸せになるバナナジュースを提供していきたい」と話す。

税込価格はレギュラーサイズ(360㍉㍑)450円、ラージサイズ(420㍉㍑)550円。トッピング50円〜。営業時間は12時〜17時(16時45分ラストオーダー)。水・木曜定休。(伊藤)