横田基地で感染急増 周辺市町が感染防止措置要請

 米軍横田基地内で新型コロナ感染者が急増していることを受け、横田基地周辺の5市1町と都でつくる「横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会」は7日、横田基地や防衛省らに感染拡大防止措置を要請した。

 在日米軍によると、6日時点での横田基地の感染者数は85人で、前月28日の24人の3・5倍に急増している。同協議会は、他県では感染が確認された基地関係者から市中感染が広まった可能性が指摘されており、横田基地でも同様の事態が起こりうると懸念されることから要請に踏み切ったとしている。

 具体的には、基地内でも常にマスク着用、手洗いなどの基本的な対策を徹底することや、海外から到着した人員は入国後の検査で陰性が確認されるまでは自宅などに待機することなど万全な措置を講じるよう求めている。

 

「第6波」の足音近づく
青梅総合病院で職員1人感染

 一般紙が報じる市町村別、日ごとの新型コロナ感染者数から「第6波」の兆しが西多摩地区にも見えつつある。西多摩は都心部に比べまだ感染者は少ないが、増えてきている。

 青梅市立総合病院は7日、病棟勤務職員1人が6日に新型コロナに感染していることが判明したと発表した。濃厚接触者はおらず、診療体制に変更はないとしている。